基本レベルの長茎術にかかる費用や時間

}

長茎術の基本費用は30万円と時間は30分程度

ペニスの長さを大きくする長茎術の基本費用は30万円程度、手術に掛かる時間は30分程度で終わります。
長茎術と同時に亀頭増大などのオプションをつけることもでき、そうなると基本料金は変わっていきます。
また気になるその後のセックスなどの性行為は1週間くらいでできるようになりますので、比較的簡単な手術です。

基本はこのような費用設定になっていますが、クリニックによって異なります。
たとえば大きさを調整したり、傷跡を目立たないようにするなどの術式があることから、それを用いることによって基本料金が高くなる、時間が長くなると考えてください。
同時にオプションをつけることもできますので、そうなると費用が高くなります。
長茎術を満足させたい、一緒に他のペニスにまつわる手術を受けたいと考えているのであれば、費用が高くなりますので、この点だけはしっかり理解を深めておきましょう。
最終的にはクリニックで金額がわかることになります。

費用を安くしたりオプションをつけたりできる

基本が30万円程度となると、高いと考えてしまうのが一般的でしょう。
しかし安くすることも可能です。
多くのペニスにまつわる手術を行っているクリニックは、キャンペーンを行っていますのでそれを活用することで基本料金を安くすることができます。
遠方から来院する患者さんのために交通費の支給を行っているところもありますので、そのようなクリニックを利用することで費用を抑えることも可能です。

長茎術と一緒にオプションをつけることもでき、同時に亀頭増大などの手術を受けることもできます。
何度も別の施術をけるとなると時間が掛かりますし、何よりも面倒です。
ペニスに関するコンプレックスを抱えているのであれば、一緒に悩みを解決することをおすすめします。
また同時に施術を受けることで、費用が安くなるクリニックもあることから、そのような点に着目して良いクリニックを選ぶのも重要です。
長茎術だけではなく他の手術の視点を持つこともおすすめします。

まとめ

長茎術の基本費用は30万円程度で掛かる時間は30分、そして性行為ができるまで1週間ほど掛かります。
費用についてはあくまでも基本であり、クリニックによって異なります。
また長茎術だけではなくオプションをつけることも可能ですので、そうなると費用は高くなる計算です。
同時に施術を受けることによって格安になったり、クリニック独自のプランも用意されていたりしますので、そのような点もしっかり確認して長茎術を受けることをおすすめします。

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。