長茎術を実施する際に基本となる手術内容

}

切らない長茎術の基本内容を知ろう

自分のペニスが短い事に悩んでいる男性は多いかもしれません。
このような希望に応えるための手術が長茎術と呼ばれるものです。
一言で長茎術と言っても基本的な内容には様々なものがあり、切るものもあれば切らない長茎術もあります。

切らない長茎術の基本内容としては、埋没陰茎索引固定法と呼ばれるものが挙げられます。
ペニスは体内に埋もれている部分が多くなっていて、さらに下腹部に脂肪が多ければ、さらに埋もれることになるでしょう。
切らない長茎術は埋もれている部分を引き出した上で、これまでよりも全長を3から8センチほど長くすることが可能です。
熟練の技術であれば、一度施術を受ければ元に戻ることはないでしょう。
切らない長茎術にはメリットがあり、痛みが無く傷跡が残らないことです。
安全にペニスを長くしたいと考えるのであれば、最適の治療方法です。
事前のカウンセリングなどで、どれだけ長くできるのかなどを確認することができます。
誰もが長くできる可能性があるので、まずは一度カウンセリングで相談してみましょう。

切る長茎術の基本内容を知ろう

一方で長茎術には、切る手術方法も一般的な手術方法とされています。
切る長茎術には様々な方法が挙げられますが、その基本内容としてまず第一に挙げられるものが剥離固定法と呼ばれるものです。
これは体の中に埋まっている恥骨と癒着している部分をはがして引っ張り出し固定する方法をさしています。
付け根の部分を3センチほど切開することになりますが、傷跡は陰毛で隠れて目立たないためそれほど心配はありません。
そして脂肪除去法と呼ばれるものは、下腹部の皮下脂肪が多く太り気味、肥満気味である人に有効な方法です。
脂肪を吸引した上で、ペニスが生まれる原因をなくし、ペニスを引き出し長くする基本内容です。
最後にVYスキンリガメント法と呼ばれるものです。
これはお腹の皮膚をスライドさせて皮を補ってペニスを引き出します。
このように様々な方法があることがわかりますが、一番大切なことは、高度な技術や多くの症例経験が必要だと言えるでしょう。
担当医師の技術により結果も大きく異なるので、長茎術の基本内容に加え、これまでの実績などについて確認し、信頼できる医師に依頼することが大切です。

まとめ

一言で長茎術といっても、切る手術もあれば切らない手術もあることが存在しています。
それぞれにメリットやデメリットがあり、自分に合うのかどうかも異なります。
まずは信頼できる医師を見つけた上で、悩みを相談し、自分に合った手術方法を選ぶことが何よりも重要です。
場合によっては長茎術と同時にその他の治療も一緒に施術ができる可能性も高いです。
同時に治療を行えば全体のバランスも良くなり性機能も向上することでしょう。
麻酔が一度で済むなど様々なメリットもあるので、自分の悩みを全て相談することが大切です。

タグ: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。